So-net無料ブログ作成

SnapLite 購入しました [Mac / iPad / iPhone など]

ついに買ってしまいました… SnapLite。
これは、普段はデスクライトとして使えるLEDライトですが、iPhone5と連携させると、iPhoneをスキャナ代わりに使えるというモノですっっ。


PFU SnapLite スナップライト PD-SL01

PFU SnapLite スナップライト PD-SL01

  • 出版社/メーカー: PFU
  • メディア: エレクトロニクス



丁度、新しいデスクライトが欲しいなー欲しいなーと思っていたところ、このようなライトが出て、原宿のアシストオン http://www.assiston.co.jp というお店にデモ機があるというので、実機を確認して購入しました。

アシストオンの袋から出しまして…
IMG_6237.JPG

箱はこんな感じ。オシャレな箱。
IMG_6238.JPG

中はこんな。iPad2と比較させたところ。結構大きめというかしっかりしてますよね。
IMG_6241.JPG






にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ
 

付属品はACアダプタとステッカー。簡単な説明書もついています。
IMG_6245.JPG

立てました。点灯式w 明るい!かっこいいww LEDライトからは昼光色と白色光が出て、明るさは5段階に調節できます。
IMG_6252.JPG

さてiPhoneと連携させてみます。アプリはここからダウンロードします→
最初は使い方が表示されるので、一通り読み進めると、こんな表示が出ます。(snapliteのACアダプタが接続されていてリスのマークが点滅(通信状態)していれば、LEDが点灯していなくてもOK)
CIMG2404.JPG

表示通りにiPhoneを置くと、白色光の強い光りに変わります。また、スキャン範囲の赤い枠がレーザーで表示されます。(また最初に写真フォルダへのアクセスを許可にする必要があります)
CIMG2405-001.JPG

iPhoneの画面にもカメラに写っている範囲が表示されます。スキャン範囲の外側も写っているので画角に余裕があるんでしょうか。トリミングしてしまう分、画像が少し小さくなってしまうのかも。
CIMG2413-001.JPG






で、撮りたい物を撮影範囲に置いて、本体のリスのマークにタッチします。すると、数秒後にシャッターが切れて撮影完了です。初期設定では0.5秒になっています。
CIMG2407-001.JPG

本体からiPhoneを取り上げると、アプリ内で自動的に台形補正や色味補正、トリミングもして、カメラロールに保存されます。撮れた画像はこんな。これは10cm角のメモ帳で、サイズで1辺が900ピクセル弱になりました。パッケージの反射もだいぶ抑えられていますね。ちなみにA4サイズだと長辺が約2700ピクセルほどになります。
IMG_6247.JPG

また、アプリでは、左上のライトのマークをタップするとiPhoneからライトのOn/Offや明るさの調整もできます。
CIMG2409-001.JPG

スキャンに面倒な雑誌や立体物など、これでスキャンすればどんどん撮影できて、手軽で便利だと思います。コレクションやフィールドノートなど手軽に保存、整理ができそうです。欲を言えば、画像がもう少し良い画像になるといいのですが…

画像出力はjpgで、他のファイルやOCRには単体では対応していませんが、アプリケーションのマイナーバージョンアップが時々来るそうですので、今後ひょっとすると対応になるかもしれませんね。

ちなみに今ならリスのマークがついたこんなクリップがオマケでついてきますよ。
IMG_6213.JPG

SnapLite
http://snaplite.jp/










にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ にほんブログ村 旅行ブログ 東京旅行へ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0